企業法務・顧問契約

こんなお悩みありませんか

  • 取引先と契約を交わす予定だが、どのような契約条項が必要かわからない
  • 契約先から渡された契約書が自社にとって不利な内容になっていないか不安
  • 取引先に倒産の風評がたっているため、自社の損害を最小限にしたい
  • 売掛金の入金が滞っているため、取引先の資金繰りが困難になる前に回収したい

弁護士に相談するメリット

弁護士に相談するメリット

ビジネスをする上で「トラブルを未然に防ぐことができる」「予防策を講じることができる」ことが、弁護士に相談する一番の主眼となります。 また、実際に紛争が起きた時に、経営者のみの判断ではなく弁護士に相談することで、対応方針を誤ることなく適切な方法で対応することができます。

契約書について

契約書の作成代行やリーガルチェックを行います

契約書の作成代行やリーガルチェックを行います

ビジネスではさまざまな面で契約書が必要となります。
契約書には多くの条文が入り、かつ複雑です。また、その契約書にかかれた内容に拘束されることになるため、契約書を交わす場合には、曖昧な文言や不利な情報がないかなど、内容を慎重に確認する必要があります。

労務関係について

会社側の労働問題・労務に関わる相談について、全般的に対応いたします

会社側の労働問題・労務に関わる相談について、全般的に対応いたします

労務管理や雇用については、労働基準法等の法律があります。
法律に則った労務管理を行うことで、従業員とのトラブルを未然に防ぐことができます。
トラブルになってしまった場合には、法律の規定に軸をおきつつ最善の解決策を探します。

債権回収について

債権回収の代行・代金未払いに関わる相談について、全般的に対応いたします

債権回収の代行・代金未払いに関わる相談について、全般的に対応いたします

売掛金などの債権が滞ると資金繰りが難しくなり、経営に大きく影響を及ぼします。
弁護士に相談することで、内容証明郵便や債権回収など、返済に繋がるように対応することができます。それでも支払いがない場合には、訴訟や仮差し押さえなどの法的手段などを検討します。

顧問契約について

顧問契約のメリット

  • 必要な時に、すぐに電話・メール・FAX・対面などで相談することができる
  • トラブルを未然に防ぐことができる「予防法務」の強化ができる
  • 多くの法律上の悩みが顧問料の範囲内で解決できるため、トータルコストが削減される
  • 顧問弁護士がついていることで、企業としての信頼を得られる

契約書関連の費用

契約書チェックの費用 3万円~(税別)
※契約書の条項数、及び定型的な内容か否か等により見積もらせていただきます。
契約書作成の費用 8万円~(税別)
※契約書の条項数、及び定型的な内容か否か等により見積もらせていただきます。

顧問契約基本プラン

基本プランの金額/月額 内容
3万円(税抜) ①TEL・FAX・メール・面会による法律相談
②契約書・社外文書のチェック
③定型契約文書・定型社外文書の作成
④定型の内容証明郵便作成(弁護士名入り)
⑤訴訟・調停・交渉費用が2割引

※基本プランを超える場合には、個別にご相談させていただきます
※定型外の契約書作成等に関しては、3割引とさせていただきます

pageTop